あーるPG - 社会人のデジタル生活

日曜プログラマになろうかなーと思った30代理系社会人の、キャリアアップや趣味(特にデジタル情報)の記録。らーめんとビールが好き。

腹話術入門―人形がしゃべれるはずがない!

オススメ度:★★★★☆

腹話術の基本技術は軽く書いており、1/3ぐらいは台本で占められてます。


腹話術の基本は

腹式呼吸をし、息を吐いたときに人形を喋らせる
・”イ”の口で笑顔を作り、薄く歯と歯の間を開けて声を出す。
・人間、人形とも喋るときは大げさに口を動かす。それにより腹話術の発声を隠す。

これだけです。後は練習あるのみ。アイウエオの発音からはじめ、人と話すときも人形を通して話すなどの地道な努力が必要です。

さて、応用編。マ行、バ行、パ行は唇をつけて発音するので、前述の方式では発音できません。

・台本でそれらを避ける。”舞う”を”踊る”にするとか。
・固有名詞は避けられないので、似た発音で発言する。さらに人のほうで復唱してごまかす。
・発音を練習する。上の歯に舌をつけ、それを離すと同時に発音することで、唇の機能を代行させる。

といった対策が必要になります。



とはいえ、腹話術はその技術自体よりも台本、つまり人形を主とした人との漫才が重要なので、笑いを研究しましょう、ということになります。

腹話術入門―人形がしゃべれるはずがない!

腹話術入門―人形がしゃべれるはずがない!

広告を非表示にする