読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神聖あーるPG - 社会人のデジタル生活

日曜プログラマになろうかなーと思った30代理系社会人の、キャリアアップや趣味(特にデジタル情報)の記録。らーめんとビールが好き。

旅行メモ - クアラルンプール(マレーシア)

クアラルンプールはマレーシアの首都。クアラ・ルンプール。言語はマレーシア語だが、英語で問題ない。赤道直下なので汗ダクだが、年間通して30度前後で安定しているので楽といえば楽。
 

 

日本からは直行便で8時間ぐらい。LCC大手AirAsiaの本拠地で、キャンペーンだと1000円ぐらいでチケットが買えるが、空港使用料、燃油サーチャージは別途取られるので、価格ほどのインパクトはない。
マレーシアはトルコと同じくソフトイスラムな国。基本的には豚肉と酒はNGだが、外国人は問題ない。
通貨はリンギット。物価はかなり安く、ランチは200円、夕食も1000円ぐらい。飲料水は必須。

マレーシアはセカンドライフでの移住先として人気がある。日本人コミュニティもあり、費用も都内マンションを借りるぐらい。ただ定住はできないので3か月に一度日本に戻らなければならない。

クアラルンプールの中心地にはペトロナス・ツイン・タワーがあり、片方を日本、片方を韓国の企業が作ったとか。上るのには予約が必要で、定休日もあるので要注意。ふもとにはショッピングセンターと広い公園があります。特に観光地らしいところもないので、ショッピングやマッサージなどが主体になるかもしれません。

さて、飽きた人にとっておきのスポットは「ゲンティンハイランド」。バスで一時間ぐらい行ったところにあります。中国語で”雲頂高原”のとおり、ケーブルカーで雲を突き抜けると、派手なホテルと遊園地が見えてきます。どこぞの華僑が実費で作ったらしいです。スゴイ。
マレーシアで唯一の政府公認カジノがあるので、暇つぶしにはもってこいです。

f:id:aru_pg:20120318131451j:plain
ペトロナス・ツイン・タワー。麓は普通にショッピングモール。

f:id:aru_pg:20120319113421j:plain
クアラ・ルンプールからバスで1時間の上、ロープウェイで雲を抜けていく。

f:id:aru_pg:20120319115449j:plain
と、中華な雰囲気のサイケディックなホテルと遊園地が広がるゲンティンハイランド。


広告を非表示にする