読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あーるPG - 社会人のデジタル生活

日曜プログラマになろうかなーと思った30代理系社会人の、キャリアアップや趣味(特にデジタル情報)の記録。らーめんとビールが好き。

Apple Payで再注目。ビックカメラSuicaカード

結論から言うと、ケータイ、スマホSuicaを使うなら、ビックカメラSuicaカードを作って利用するのがお得です。もちろんApple Payでも。

お得な理由

モバイルSuicaへのクレジットカード登録が無料

モバイルSuicaを利用する際、クレジットカードの登録に税込1030円が年ごとにかかります。
しかし、Viewカードならそれが無料です。
(厳密には無料キャンペーンが継続されている扱いで、いつ有料になってもおかしくはありません)

JR系の利用ならポイント還元率1.5%。

Viewカードはビューサンクスポイントが1000円使用ごとに2ポイントたまります。そしてJR系のサービスでは3倍の6ポイントたまります。
1ポイント2.5円換算で使用できるので、通常は還元率0.5%、JR系のサービスで還元率が1.5%となります。
しかしこのカードは例外的に、JR系のサービス以外の利用ではビックポイントが追加で0.5%貯まります。つまり還元率1.0%です。
メインで使ってもお得ですし、JR系のサービスはViewカードと同じように得です。

1年に1回以上使えばクレカの年会費(年会費 税抜477円)が無料になる。

Viewカードは年会費無料のものはないのですが、このカードは初年度無料、2年目以降は年1回以上使えば年会費が無料となるオプションがあります。
定期やモバイルSuicaで電車賃を払う人であれば実質無料であると言ってよいでしょう。

Web明細で毎月20ポイント(50円相当)付与。

Web明細にし、明細が通知されるごとに、ビューサンクスポイントが20ポイントたまります。
年間600円相当となります。これが地味に大きいです。
※対象の月にクレジットカード使用が1回もないとWeb明細も発行されず、20ポイントも付与されません。

ビックカメラのポイントカードも兼ねられ、ビックポイントを電子マネー化できる。

ビックカメラのポイントカード機能があるため、別途ビックカメラのポイントカードを作る必要がありません。お得ではないですが、楽ではあります。

ポイントをルミネ券で利用すればさらに還元率Up。

ポイントをSuicaチャージに変換すれば還元率1.5%のまま電子マネー化できますが、ルミネ券に交換すると、それ以上の還元率となります。
交換は650ポイントで2000円分のルミネ券、1250ポイントで4000円分のルミネ券です。
650ポイント(108333円)で2000円分のルミネ券がもらえるということは、1.85%のポイント還元率となります。
1250ポイント(208333円)の使用で4000円分のルミネ券がもらえるということは、1.92%のポイント還元率となります。

ただし最近、1回の送付につき160pt(400円相当)を取られるようになってしまいました。
810ポイント(135000円)の使用で2000円分のルミネ券がもらえるということは、1.48%のポイント還元率となります。
1410ポイント(235000円)の使用で4000円分のルミネ券がもらえるということは、1.7%のポイント還元率となります。
2000円分を申し込むのであれば、Suicaチャージに回したほうがお得ですね。

サンプルケース

6か月定期10万円を年2回、Suicaチャージを毎月3000円する例を見てみましょう。

1年の使用金額は 100000*2+3000*12=236000円
ポイント付与は 236000/1000*6=1416ポイント
Web明細にすると付与されるのが 20*12=240ポイント
よって、1年間のポイント付与は 1416+240=1656ポイント

ルミネ券の送付代をけちるために、2年に1回交換することにしましょう。

2年間のポイント付与は 1656*2=3312ポイント
これを上手く使うとすると 3310ポイント = 650*1+1250*2+160 となるので、
2年に1回、ルミネ券が10000円分ゲットできることになります。

まとめ

JR系のサービスを頻繁に利用するならビックカメラSuicaカードが非常にお得です。
メインのカードでもOKですし、JR用のカードとして持っておくのも良いでしょう。
ただ、1度も使わないと年会費が発生することにはご注意を。

icon
icon

広告を非表示にする